就職の面接で必要なこと

就職の面接で必要なこと

面接で他社を受けているか聞かれたら正直に伝える

大学受験などでは場合によっては複数受験することがあるでしょう。ほとんどは試験だけなので他校を受けていることはわかりません。できれば優秀な生徒に来てほしいところですが学校の考えるようにはいきません。そのこともあって定員よりも多めに合格者を出して対応するようです。会社の求人でも同じようにしているのでしょうか。

会社においては人件費がかかります。企業としては必要な人材のみの採用をしようとしますから1名のみなら1名のみ採用しようとします。そこで面接の時には他社を受けているか聞かれることがあります。応募している側からするとイメージが悪くなるのでその会社しか受けていないと伝えるかもしれません。でも採用になると厄介です。

実際の所ここで他社を受けているからといって採用されないわけではありません。企業として採用したければ他者を受けていようと採用しようとします。条件をよくしてくれることもあります。あまり正直に言い過ぎないようにするのは、受けている会社が第一志望でないときです。第一志望でなくても第一志望と伝えるようにします。受けていなくて他社に流れるのは良くありませんが、第一志望と言っているだけならそちらに変わっても問題はありません。

Copyright (C)2017就職の面接で必要なこと.All rights reserved.