就職の面接で必要なこと

就職の面接で必要なこと

面接では感情論で自分の夢を話さない

やりたいことなどがあると目標を立て、さらに計画を立てて行うことがあります。そうすることでそれが実現可能なことか、難しいことかがわかります。計画まで立てられるようなことであれば何とかがんばれば実現することができるでしょう。単にやりたいと考えるだけでは絵に描いたもちなだけで、大きな夢を持っているとしか見られません。

面接において、将来的にどのようなことをしていきたいかと聞かれることがあります。やる気などをアピールしようとするとつい感情論で大きなことを話してしまうことがあります。もちろんその大きな夢などを持っておくことは必要ですが、計画なども立てていないようなことを話しても現実離れしていて自分自身のアピールにつながりません。

社会人として求められるのは物事を論理的に考えることです。どのようなことをしたいと聞かれたら先ずこのようなことをしたいといい、それについてどのような計画で行なって行くかなどを伝えます。そうすることで実現できることについて伝えることができます。単に夢物語で話しているのではなく、日ごろから計画を立ててそのことをしたいと考えていることが伝えられます。担当者が興味を持てばさらに質問を受けて話をしていきます。

人気の求人、すぐわかるこのサイトがイチオシです★

Copyright (C)2017就職の面接で必要なこと.All rights reserved.