就職の面接で必要なこと

就職の面接で必要なこと

面接時に服装以外で気を付けたい事

学校を卒業して社会人になる前や転職したりして、ほとんどの人は一度位面接を受けた経験を持っています。その面接と言うのは、大変緊張して出来るならば受けたくない気持ちになります。しかし、企業は筆記試験の結果と共にその人の人となりを見ます。面接を受ける者にとって、短時間で人間性等分かる訳ないだろうと言う気がしますが、企業の人事担当者は、何十年も何百人と人を見て来ているのですから、その道のプロと言えます。なので、ある程度人間性を見抜く事は出来る筈です。

面接を受ける前から面接は始まっています。当日面接時間に遅れる事は厳禁ですが、早く自宅を出たとしても、この世の中どのようにして事件、事故に巻き込まれるか予測が付かなくて遅刻する事もあり得ます。そのような時には、必ず電話連絡をするのは一般常識です。間違えてもメールで連絡してはいけないです。又、面接の件で何か尋ねたい事、疑問点等がある時、電話を掛けるならば、その会社の勤務時間を確認します。会社が始業して午前10時位か午後2時から3時位の落ち着いた時間が良いです。その時間に掛けたとしても、一言お忙しい所申し訳ございません等一言添えた方が印象が良くなります。

Copyright (C)2017就職の面接で必要なこと.All rights reserved.