就職の面接で必要なこと

就職の面接で必要なこと

面接で前職の仕事の不満の質問では次にどう活かせるか

転職をするとき、何の不満もないのにする人はいないでしょう。会社が倒産であったり縮小など自分の考え以外でやむなくしなければいけないこともありますが、自発的に行なっている場合は何かしらの不満を持っています。もちろんそれを自分から積極的に話す必要はありません。そうすればネガティブなイメージが付くようになります。

面接ではいろいろなタイプの質問がされます。その中でも多少意地悪的な内容として前職の仕事の不満は何かを聞かれることがあります。これについては実際に持っていたとしても話しにくいところです。採用側としてはこのような意地悪な質問に対してどのように返してくれるかに期待をしています。上手く乗り切る必要があります。

もちろんそのままストレートにいうのは良くありません。考え通りのことができなかっただけなら多くの人が感じていることです。考え通りにできない上で何か行動に出たならそれについて伝えます。自分で新しい組織を作ったり、制度の提案などをしたなどです。そうすることで実行力があることが伝えられます。ただ不満だけを挙げて自分本位の意見を言うのではなく、だからどう変えていくかについて具体的に伝えるようにします。そうすることでアピールにつながります。

Copyright (C)2017就職の面接で必要なこと.All rights reserved.