就職の面接で必要なこと

就職の面接で必要なこと

面接で採用するメリットを聞かれたら強みを伝える

企業が行なう求人活動は非常に難しいとされています。希望する人が応募してきてくれるかわかりませんし、採用したとしても考えた以上の人でないこともあります。新卒などであればある程度教育をしていくことが出来ますが、中途採用の場合はピンポイントに一定の能力のある人を採用しようとします。その人を見抜く力が必要です。

ですから採用側とすれば常にこの人を採用したらどのようなメリットがあるかを考えながら検討をしています。その中で面接の中でストレートにあなたを採用したらどのようなメリットがあるかと聞かれることがあります。本来は書類や話の中で企業の側が考えることを話させようとします。このときにどう答えるかでアピール度合いも変わります。

即戦力を求めている会社でしょうから、自分が即戦力になれることを伝えるようにします。そのときには自分のスキル、強みを盛り込んで話をしていきましょう。話の流れにおいては、その前の段階でいろいろとアピールをしている部分もあるでしょうが、その内容とダブってもいいのでブレがないようにします。さっきはこのようにアピールしていたけど次に変わっているではそれが本当の考えかどうか伝わりません。同じことでもアピールは可能です。

Copyright (C)2017就職の面接で必要なこと.All rights reserved.