就職の面接で必要なこと

就職の面接で必要なこと

面接で周りとの仕事について聞かれたら協調を中心にする

営業の仕事の中には、一人で商談を進めて行くこともあればグループで協力して行なうこともあります。成績としては個人の成績として管理されることでも、その成績を上げるには上司や先輩など周りの人の協力があったからこそのこともあります。それをきっかけとして徐々に独り立ちしていけます。それをどのように考えているかです。

面接においては、周りの人とどのように仕事をしてきたか、して行くかなどを聞かれることがあります。自分自身の能力をアピールしようとするとどうしても自分一人の力のおかげでいろいろなことができたように話してしまうことがあります。採用側は当然その後ろに助けがあることがわかるので、それはアピールにはならないでしょう。

一人で行なっている仕事でも、協調をして達成できていることを伝えます。会社などの組織では一人で単独で仕事をする方が少ないかもしれません。結果としてはその人についても、多くの人がいて達成できることが多いです。意見の交換をしあいながら行なうや、新人には先輩が付いてサポートするなど組織内で協力をして仕事をしているように話をします。その会社においてもそのような人を求めていれば、採用したいと考えてもらえます。

Copyright (C)2017就職の面接で必要なこと.All rights reserved.